明神良縁会について

明神良縁会について

都内屈指のパワースポットとして知られる江戸総鎮守・神田明神で開催する縁結び会として、2017年に設立しました。真剣なご縁を求める方々のお役に立てましたら光栄に存じます。おおよそ3ヶ月に1回の頻度で定期的に開催をしていく予定です。

明神良縁会の特徴は、主に6つございます。

 
① 「身分証明書のご提出」
② 「特別御昇殿参拝の実施(良縁成就祈願)」(通常7,000円相当)
③ 「明神会館のビュッフェ料理+飲み放題」(通常8,000円相当)
④ 「神職様による正しい参拝講座」
⑤ 「お見合い成立後のアフターフォロー(次回お会いする日時の調整)」

⑥ 「縁結び守りのプレゼント(参加者全員)」
 
※最後に「お見合い希望シート(第3希望まで記入可)」をお渡しますので、お見合いをご希望の方がいらっしゃいましたら、ご記入をお願いいたします。お互いの希望がマッチした場合は、事務局よりお会いされる日時の調整についてご連絡をさせていただきます。
 
お見合い後、お互いに「またお会いしたい」と希望があった場合のみ、本名と連絡先の交換を事務局を通じておこないます。(会の当日は、苗字のみでのご参加となります。)交際成立後、ご結婚に向けて専門家に相談しながらフォローをご希望の場合は主催会社結婚相談所ブライダルパートナーズへの入会が必要になります。詳しくは会の当日にご説明をさせていただきます。

神田明神が縁結びのパワースポットと言われる理由

 
江戸東京に鎮座して1300年近くの歴史をもつ神田明神(正式名称、神田神社)。
江戸時代には、「江戸総鎮守」として将軍様から江戸庶民にいたるまで江戸のすべてを守護されました。

そして今もなお、東京都心-神田、日本橋、秋葉原、大手町・丸の内など108の町々の総氏神様として、江戸の素晴らしき伝統文化を保ちつつ、それでいて絶え間なく発展と創造を繰り返す、この東京都心をお守りいただいております。


その神田明神には三柱の神様が祀られています。

 



・ 一之宮 大己貴命(おおなむちのみこと)
・ 二之宮 少彦名命(すくなひこなのみこと)
・ 三之宮 平将門(たいらのまさかどのみこと)

 
神田・日本橋が江戸東京の食を支える青果市場・魚市場の発祥地であったことから、神田明神の境内に各市場の守護神として江戸神社・魚河岸水神社も祀られております。 家庭円満、夫婦和合、縁結び、商売繁盛、事業繁栄、除災厄除、病気平癒、開運招福 など、多くのご神徳をお持ちの神々です。
 
大己貴命 少彦名命 は、ともに力を合わせ日本の国づくりをなさり日本人の生活の基礎をお築きになられました。 平将門 は、悪政に苦しむ庶民たちを自らの命をなげうって守られた東国の英雄です。
 

なかでも大己貴命は、「だいこくさま」として親しまれ、
最も有名なのは"縁結びの神様"としての一面となります。
 
須世理毘売命(すせりびめ)や多紀理毘売命(たきりびあ)など、何人もの妻と仲良く暮らし、180名以上の子供(神様)をお生みになれたことが、起源となっています。
 
縁結びは、男女の中だけのことに限りません。
だいこくさまは、現世だけでなく、幽冥会の神様でもあり、この世の一切の縁を取り持っているものと言われています。まさにこの世は縁です。仕事も家庭も地域も社会は人と人との出会いで成り立っています。だいこくさまは、すべての人を取り巻くさまざまな"縁"を取り持ってくださるのです。
 
明神良縁会では、男女の縁結びを目的として企画しておりますが、一番の願いはご参加いただいたみなさまの「結婚を通じた人生の幸福」としております。その為、結婚後に新たに築く家庭の縁、家族・親類の縁、友人の縁、仕事の縁、地域の縁などの良縁を祈願して、参加者のみなさまに御利益があるよう想いを込めて運営させていただきます。
 

 
【参考文献】
神田明神WEBサイト
神社のおしえ(小学館 / 神田明神編著)
 
 
【運営会社】
2010年に創業。秋葉原駅から徒歩3分にある神田明神氏子の結婚相談所。東証一部上場企業株式会社IBJが運営する日本結婚相談所連盟の正規加盟店。